読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめない日常のこと

散らかった頭の中を片付けるためのブログ

いい肉の日に自担の嫁が婿に行きました(改)と後日談

V6

 長野くんの結婚に関する記事については、もう少し砕けた感じで書いた文もありました。下書きに置きっ放しになっていたのですが、せっかくなのでその文も書き上げて備忘録として残しておこうと思います。

文中()内は当時の心の声です。

注:長野くんの結婚に関してポジティブな内容です。

 

 

当時の私の様子

 2016年11月29日(火)、その知らせはまさしく電撃だった。

 まだ何も知らなかった私は、いつもの時間に起床し、いつものように朝ご飯を食べ、いつものように通勤電車に乗って出勤し、いつものように「お腹空いたなぁ」と思いながら午前の仕事を終えた。

 いつものようにお弁当を食べようと休養室に向かうと、私がV6ファンだということを知っている別部署のランチ仲間から開口一番に言われた一言こそが、私にとっての第一報だった。

 

ランチ仲間(以下ラ)「あ、まなさん」

私「はい?」

 

ラ「長野くん、結婚ですって!?」

私「…はあああああああああああ!?」

 

 思わず叫んだ。青天の霹靂とはこれか!このことか!

 私「ちょ、ちょっと待って下さい!すぐスマホチェックします!」

(ひろしが結婚…?オカダやなくて?いや、どっちにしても唐突すぎひん?前触れ無さ過ぎやって!)

 脳内を巡る言葉をそのまま独り言でブツブツ垂れ流しながらスマホチェックすると、出るわ出るわ『長野くん結婚おめでとう』のツイート。リツイートされたニュース記事を見ると、お相手は女優の白石美帆さん*1とのこと。

 約2年前に横浜中華街デートが週刊誌に報じられて以降、私の知る限りでは続報も破局報道も無かった2人。まさしく『便りが無いのは良い知らせ』だった。

 突然の結婚報道にそんなにショックは無かった。むしろ喜びの方に向いて一気にテンションが上昇した。

 とにかく、ファンクラブ会員には会報が届いていて、その会報の結婚報告が第一報だということがわかった私は、これ以上の情報をネットで得る前にまずは会報を見ると決め、緊急事態に震える手でお祝いツイートとジャニヲタの友人にLINEを送ったのを最後に、スマホを置いてお弁当を食べることにしたのだった。

その時のツイート↓

 

 余談だが、午後の仕事中にカレンダーを見て初めて、この日がいい肉の日だと気付いた。

(まさか、今日がいい肉の日やから入籍したん…?もしそうなら最高やなひろし!絶対結婚記念日忘れへんわこれ!)

 浮かれていた私は、嵐の『One Love』と『愛を叫べ』を脳内BGMに午後の仕事を片付け、無事定時に会社を出ることができた。もちろん寄り道せず真っ直ぐ家に帰り、いつもの青封筒ではなく白封筒で届いていた会報を正座で開封した。

(おお…!ちゃんと29日指定になってる!こういうとこちゃんとするの大事やね!……これは披露宴の招待状?これ持ってたら披露宴出席できるんじゃ…。いや、むしろメニュー表か。流石グルメ変態…)

 中を見ると、そこには結婚の報告が本人の署名入りで書かれていた。そして、誰よりも早く伝えたかったことと、いつも見守っているファンへの感謝が綴られていた。

 ファンには自分からのメッセージで一番に伝えたい、という長野くんの気持ちが、文面からでも配達日指定シールが貼付された封筒からも読み取れる。こちらこそいつもありがとう!と感謝を噛みしめながらメッセージカードをじっくり読んで、丁寧に封筒にしまった。

 その後唐突に、いい肉でお祝いしないと!と夕食のおかずが別にある(しかも魚の煮付け)にもかかわらずスーパーに牛肉を買いに行ったが、ステーキ用が無くて普通のすき焼き用を買って調理して食べるという謎の行動をとったが私は元気です。

 ベスアの感想(V6出演部分)についてはまた別記事で。

 

ricky135642tv.hatenablog.com

 

 

あの日以降~現在

 あの日から2週間ばかり経って、私の周りは長野くんが結婚したことなど忘れているのでは…と思うほどに落ち着いている。

 ブログ用に文を書いては消し、書いては消しとしているうちに、だんだん自分の気持ちに整理がつき始めた。

 

 私は(自担*2も含めて)アイドルが結婚するのは別に構わないと思っている。

 アイドルはファンに夢を与えてくれる存在だが、その一方で彼ら・彼女らもファンと同じように人生を歩んでいる。一人の人間として愛する人と生涯を共にしたいと思っても何もおかしくなんかないし、その気持ちを尊重したいと思う。

 そう思うのは、私自身が結婚適齢期なんてものをとうの昔に迎えていて、友人にも同僚にも既婚者がいるため、結婚がより身近なものになっているからかも知れない。

 

 ただ、頭ではわかっていても感情がなかなか言うことを聞いてくれない、というのはある。私は長野くんに対して(疑似も含めて)恋愛的な目で見ていたわけでは無かったのに、知らないうちにショックを受けていたらしく、時間が経つにつれてそれがじわじわと顔を出してきた。

 知り合いから「坂本くんじゃなくて良かったね!」と言われたときには「そんなわけあるか!」と言いたいのを飲み込んだ。自担じゃなくて良かったなんて到底思えないし、他人事ではなかった。

 

 今となっては、『担当Gの独身メンバーが結婚した』という経験は今回が初めてだから、色々いらないことを考えていただけだと思えるが、このときは本当に気分が沈んでいた。

 ブログを書こうと週末(12/3)にワイドショーを見返すと、話に花が咲くスタジオと反対にどんどん冷めていった。現実を突きつけられた気がしてモニターに映る2人(個人の映像を並べて映して2ショットの様にしている)を見ることが出来なかった。

 余談だが、緑寿庵清水の金平糖は美味しそうだったから早速買いに行った*3。これは良い情報だった。

 

 気分転換にブログを一度放り出して、V6のDVD*4を見た。見始めは「この頃はまだ独身か。でも嫁とは付き合ってたんだよなぁ」とムダに結婚と関連付けて見ていたが、どんどん見進めるうちにそんなことはどうでもよくなっていた。

 

 そこで気付いた。

 

 11/29からこの日まで私は長野くんばかりにスポットを当てて考えていた。

 そもそも私はグループ全体を好きになる傾向があって、その中から誰か1人を選ぶのが苦手だ。なにせ、FC申込の好きなタレント欄に誰を書くか悩んで、入会まで2ヶ月程かかっている。

 

 久しぶりに6人にスポットが当たって、憑き物が落ちた気がした。

 

 誰が結婚しようが、V6らしさが変わらないのならそれでいい。

 現に井ノ原くんは結婚していてもV6内での立ち位置は変わっていない。それどころか結婚して父親になったことで新たな面ができて、それが魅力*5となっている。

 結婚したことで長野くんの新たな面ができて、それが魅力に繋がるのならファンにとってもプラスなんじゃないか、と思っている。

 今後、既婚者ならではの魅力を長野くんから感じることができた時に、きっと心から「結婚して良かったね」と言えるのだろう。

 

 そう言えるようになるにはしばらく時間がかかるかも知れないが、早くそんな日が来れば良いと、今は思っている。

 

 

*1:当日12時5分頃の情報。13時前には記事から名前が消えており、各マスコミ宛に夫婦連名のFAXが届いてから改めて報じられた模様

*2:坂本昌行さん

*3:京都のお店だが大阪の百貨店でも一部商品が買える

*4:SVbの初回特典やフォエバコン

*5:例えば、既婚者ならではの色気や、より深くなった思いやりなど