読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめない日常のこと

散らかった頭の中を片付けるためのブログ

『Can't Get Enough/ハナヒラケ』をフラゲしました(追記あり)

V6

 こんばんは。いよいよV6の47thシングル『Can't Get Enough/ハナヒラケ』の発売日になりましたね!

 予約していた限定盤3形態の受取開始が3/14の午後からだと連絡をもらったので、仕事終わりに受け取りに行きました。流石にCDショップ2件+セブンイレブンはしんどかった…。

 けれど、家に着いてCDを開封したらそんな疲れは吹っ飛びました。CDとDVDを見聞きしてV6の音楽性・表現の幅広さを感じました!まだこんな面を隠し持っていたなんて…!

 

 以下、簡単な感想(箇条書き)です。

 

Can't Get Enough

・(●●)「吸い込まれて行くううぅん♪」
・全体的にファルセットが多いからこそ、剛健コンビの低音がクセになる歌。
・(゚ー゚)「(カメラマンの方が)変態だから、変態な感じの写真になってると思いますけど」←人のこと言え…ゲフンゲフン
・長野三宅、恒例の肉体チェック。
・そういやゲリィナフのPV撮影は『戸惑いの惑星』東京公演期間中だったな。
・めっちゃ見てる (´ε`)と(゚ー゚)
・振りの確認をしている様子が好きです。
・電源オフ坂本と電源オン坂本は別人。
・ジャケ写・PV撮影中の色気ダダ漏れ状態と待機中のギャップが激しい。
・とりあえずジャケットプレイありがとうございます!

 

ハナヒラケ

・ポップで明るく、そして背中を押してくれるような歌。
ニンテンドー64を思い出すCG。
・(*・△・) 人(´ε`*)
・岩の上に乗ってるのは坂本くんか?
・自転車乗るときの姿勢がめっちゃいい自転車屋さんの息子。
・恒例・オカダ、ひろしのケツを叩く。
・両方のPVメイキングで早送られるトニセン。
・投げていたのはカラーボールと、水性染料入り水風船の2種類でした。
・剛健コンビに水風船という遊び道具を与えてはいけない(戒め)
・岡田が投げるボールの勢いが明らかにおかしい。ボールの入ったダンボールを潰しそうな勢い。
・撮影中もわちゃわちゃしてて凄く楽しそう!ゲリィナフのクールでセクシーな雰囲気とは違うけど、どっちもV6なんだよなぁ。
・剛くんの尻ぬぐいは健くんがします。

 

欲求不満解消大作戦

・岡田、長野くんの隣をガッチリキープ。
・83点でダントツで欲求不満な健くん。頭脳労働が多そう*1だからお疲れなのかな…?とか思っちゃう。
・よく見ると“妄想の世界に入り我を忘れていることがある”の設問に“はい”と答えている坂本くん。←欲求不満2位
・時間がかかるため端っこでMasa's Kitchen開始。こちらはごま油。*2
・(・△・#)「チョコレート食わせろ!」「バニラアイス食わせろよ!」←世の中に対する不満がダイエット中女子の様な内容でした。
・岡田が好きな運動がかなりハードそうだった。これが好きって言う師範、さすがやで…(゚Д゚;)
・なんだかんだヤジ飛ばしつつも、坂本くんのオムライスは「うまい!!」らしい。食べてみたいなぁ。ソースはめんつゆベースね…。φ(`д´)
・森千家は濃いめで靴を脱がないまま点てるのが作法のよう。
・1番満足させてくれた人にはご褒美のハグ。そして当然のように剛くんを選ぶ健くん。←うん、知ってた
・この場面で『Air』を流すニクい演出。今後『Air』を聞くとこの一連のシーンが出てきそう。
・(●●)(゚ー゚)「ただハグしたかっただけ」←ごもっとも
・1番不満がたまった人にはキスすることに。心当たりがあるからか、すぐに「おかしいでしょ」と言う岡田。そして案の定選ばれる岡田。
・健くんにデコチューされている岡田が真っ赤になっててすごく可愛い!そして、剛くんのウヒャヒャ笑いが聞こえる空間、プライスレス。
・剛健のハグだけじゃ飽き足らず…カミセン尊い…時代はComing…。
・井ノ原さんの最後の一言はまたどこかで蒸し返されそうですね。
・新曲の特典映像なのに、まさかの『Air』締め。

 

 VR

・ビューワーを組み立てて、アプリを入れて、アカウント作って、映像をダウンロードして、アプリを入れて、ビューワーを登録して、視野を調整して…と、見るまでの作業が多い。
・ビューワーの登録をちゃんとしないと、画面がぼやけてしまうので注意!簡素な造りだけどちゃん3Dで見えます!
・最初は操作方法がわからなかったけれど、適当にやっているうちにわかってきた。
・ネット上でVRを見た坂本担を心配する声があったが、これは墓立てるわ…まーくんの破壊力すごいね…†┏┛墓┗┓†

・『Can't Get Enough』のVRはあまりにも近すぎて、思わず仰け反ってしまう。

・6人を間近で見てる様で、がっちりV6の色気に当てられた気がする。
・『足跡』のVRは、まるでレコーディングを特別に見学させてもらっているみたいでワクワク。正面だけでなくたまに後ろを振り返るといいことあるよ!
・井ノ原さんがさりげに爆弾仕込んできた。

 

 最後に、家族への聞き取り調査で判明した、ゲリィナフVR体験中の私の叫び声を記しておきます。(※反応には個人差があります)

「おわ!近い近すぎる!」「イノッチそれ指刺さるから!」「長野くん顔濃い!男前!」「ちょ、マサこっち来んなよ!坂本!さかもとー!(歓喜)」「岡田顔濃い!圧がすごい!」「森田様…!」「健くん素敵…」「うへへ(恐らく坂本くんの腰クイを見た瞬間と思われる)」

 

 

 『Can't Get Enough』は、シングルA面としては今まで以上に攻めた曲だと思いますが、それができるのもV6が今まで培ってきた実力と経験があってこそ。

 今回のシングルは、V6の新たな一面を見せた意欲作だと思いました。

 

 以上、簡単な感想でした。ありがとうございました。

 

*1:フォエバコンの特典映像では頭が悪い(=色々考えて頭脳を使いすぎている)と言われていた

*2:ネーミングの元ネタ・MOCO'sキッチンはオリーブオイルを多用することで有名